ラムーヴ通信    
Nov 2018 12月 2018 Jan 2019
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
カテゴリー
10周年 [19]
独り言 [182]
ある日の教室 [19]
イベント報告 [51]
リーセント
吾輩はカブである
素敵な出会い
脱水症
いよいよフェスティバル!
さいたま芸術劇場
桜に思いを寄せて
静岡まつり
積み重ねって大事
早春、満喫
歩いて貯めよう
アーカイブ
7月 2010[21]
6月 2010[21]
5月 2010[18]
4月 2010[24]
3月 2010[18]
2月 2010[21]
1月 2010[23]
12月 2009[25]
11月 2009[28]
10月 2009[28]
9月 2009[21]
8月 2009[23]
ユーザーリスト
Admin[1]
chiba[71]
kanagawa[28]
shizuoka[67]
tama[29]
tokyo[75]
検索
21 Apr 2015 10:06:16 am
さいたま芸術劇場
舞台監督で有名な蜷川幸雄さんが芸術監督を務めている、「さいたま芸術劇場」に行って来ました。
シェクスピア劇を見に行った訳ではなく、小ホールでのお芝居を見に行きました。
会社の取引先の社長が、プロデュースしているので、ご招待券を頂き行きました。
【与野太郎を探せ】と言う桜を巡るファンタジーでした。

駅に向かう帰り道、ふと足下が所々光って見えます。
何なんだと立ち止まり、じっと見てははん!
写真の言葉が道路に埋めてありました。シェクスピアの台詞など、沢山ありました。
行きは明るくて分からなかったけど、暗い夜道に道しるべのように光っていました。

余談ですが、蜷川幸雄さんはここで、高齢者劇団を指導しています。
平均年齢72歳だそうです。パリでの公演までしています。
皆さん、中々台詞が覚えられなくて、苦労しているようです。
蜷川さんは、「今まで生きてきた生きざまを芝居にぶつけて・・・」と指導しているようです。
素晴らしい!ブラボー!

カテゴリー : 独り言 | Posted By : tokyo |
Powered by myBloggie 2.1.4